12星座のファッション傾向

人/生活

12星座のファッションの傾向 | ボンデージは○○座の性質!?

好きな服を自分で着るか、眺めるか

今日は、星座(サイン)ごとにイメージされる服装や小物などをまとめてみました。

これらからイメージされる服装/小物を身につけているときは、なんとなくしっくりする感覚があるかもしれません。

生年月日から導き出す太陽星座は「あるべき本来の自分」なので、人によってはあまり当てはまらないこともあります。そのため「自分らしさ引き出される服装/小物」ということで参考まで。

面白いもので、自分らしさを十分に発揮していないうちは「自分で着てもしっくりこないけど、他人が着ているのを見るのは好き」ということがあります。

たとえばある乙女座の人は、自分では制服やユニフォームは着ないけれど、旅行先(とくに外国)では制服を着た人ばかり選んで写真を撮ってしまうのだとか。

また、ある魚座の女性は、自分はフリルやレースの付いた服装は着ないけれど(本当は着たい)、アンティークドレスを着たフランス人形を集めているという方もいらっしゃいました。

自分のアイデンティティを他人やモノに反映させて楽しむという場合もあるわけです。

それでは今から12星座(サイン)のファッションの傾向をみていきましょう。

12星座のファッション傾向

各星座(サイン)の性質から連想される服装やイメージを挙げてみました。あくまでも一例です。

尚、文章の中に出てくる「○○座の性質が強い」というのは、太陽星座に限らず、月星座や金星星座など、太陽以外の天体が強い影響を持っている場合のことを意味します。

これらはホロスコープを出してみないとわからないので、ご自分の天体の星座(サイン)をご存知でない方は太陽星座で見てみてくださいね。

■ 牡羊座
動きやすいスポーツウエア
【傾向】どちらかというとわかりやすい服装を選ぶ傾向がある。ぼんやりした色柄やくすんだ印象のものはあまり好まない。普段はカジュアルな服を着ていても、ここぞというシーンではいつもとは違う装いをして周囲を驚かせたりする。ムリして自分を装ったり上品に魅せようとするより自然体のほうが魅力が際立つ。アクティブさがポイント。

■ 牡牛座
肌触りのよい上質カシミアセーター
【傾向】上質な品を好むがブランド好きとは限らない。高価な品でも実際の価値がネームバリューだけだと知ると興味を失う。重視するのはその服/小物でどれだけ心地良くいられるかどうか。キラキラしたブランドバックより質の良い帆布カバンを選ぶかもしれない。自分らしい美意識が定まるまではテイストが少しチグハグになることもある。

■ 双子座
ポップな色柄のスニーカー
【傾向】あまりファッションに重点をおくことはない。さわやかな色合いを好む人が多く、どこか軽やかさを感じさせる。クールで知的なスーツなどが似合い上手に着こなすものの、多忙になるとシワになっていても気にしなかったりする。職場でのイメージとプライベート服のテイストが大きく異なっていて驚かれることもある。

■ 蟹座
天然素材のリラックスウェア
【傾向】ファッション的にあまり冒険しないタイプ。保守的というわけでもないがベーシックな服装が多く、必要以上に自分を飾ろうとはしない。無理をせずリラックスできることが大切だと感じている。プライベートの時間も大切にするのでオンの服装とオフの服装のギャップはあまり大きくない。ホームウェアやパジャマにこだわりを持っていたりする。

■ 獅子座
毛皮や華やかなサマードレス
【傾向】ハッと人目を引くような華やかなファッションを好む。本人は派手なつもりはないが他者からみると目立っていることもある。ビビットな色柄を好むが実際はモノトーン系を選ぶことも多い。自分を見て欲しいという気持ちがファッションのどこかに隠されている。傍から見ると少し下品に思えるような服でさえ個性にしてしまう。

■ 乙女座
白いYシャツや制服・ユニフォーム
【傾向】シンプルで清潔感のある服装を好む。足し算のファッションではなく引き算によって乙女座らしい魅力が引き立つ。さまざまな職業のカチッとした制服や知的なメガネなどがよく似合う。ベースは紺色や白色。そこに自分らしい挿し色を入れて楽しんだりする。清楚な服装をすることによって独特の色気が醸し出されることも多い。

■ 天秤座
エレガント系全般と洗練カジュアル
【傾向】どんな服装をしていてもほのかな知性を感じさせる。その絶妙なバランス感覚によってシンプルな服装でもおしゃれに見せたりする。ファッションに限らず自分をどのように人に魅せるかは無意識的なテーマ。おしゃれに興味がないという人もトータルバランスを取るのが上手い。自意識が暴走すると垢ぬけずアンバランスとなる。

■ 蠍座
濃暗色のコートやマント
【傾向】個性や精神状態をファッションで表現しようとすることは多くない。どんなに個性が強くても普段の服装はカジュアルということも多い。しかし、ここぞという勝負服や恋人と一緒にいるときなどはドキッとするような服を身にまとい相手を魅了する。意図的に個性を前面に出そうとする場合にはインパクトの強い服を好んで着る。全体的に明度は暗め。

■ 射手座
エスニック柄やボヘミアン
【傾向】知的シンプルか装飾多め系に分かれるが共通するのはトータルな明るさ。年齢が高くなるにつれてさっぱりとした服装を好む傾向がある。異国に関心を持っている人は好きな国のテイストを取り入れていることも多い。自由への願望が強い場合、一見すると服装は普通でも髪型や小物で主張していたりする。独特なアクセサリーをつけていることがある。

■ 山羊座
高級スーツ、レザーコート
【傾向】コンサバ系の服装を好みシックな着こなしが得意。TPOに合わせて装いを変えるのが上手い。好きなファッションを自由に楽しむというより、周囲が自分に求めているイメージを再現したりする。服装は信頼を得たり自分の立場を伝えるための手段であって最終的な目的とはならない。高級品や革製品を好む傾向がある。

■ 水瓶座
スパンコールやラメ製品
【傾向】知的でクールな印象を与える服装を好む。かわいい系やセクシー系などいろいろ試したりするが、結局はシンプルなほうが気持ちが落ち着く。服装全体ではなくアクセサリーや時計などで個性を表現することが多い。シルバーやゴールドなど派手に見えるメタルカラーでも上手に取り入れることができる。寒色系、光るものを好む傾向あり。

■ 魚座
繊細なレース調のワンピース
【傾向】淡色系でロマンチックな服装がよく似合う。甘めのファッションになりやすいが、年齢が高くなってもその人の個性として着こなしたりする。大柄すぎたり派手な色柄は気持ちが落ち着かないためあまり好まない。花柄や水玉模様が好きな人が多いのが特徴。普段はシンプルな服装をしていても、部屋着がかわいらしかったりする。

地味に見えてボンデージな星座とは

それぞれの星座(サイン)に強い個性があるのですが、今日はあえて山羊座にスポットライトを当ててお話したいと思います。

この『占いペディア』のサブタイトルは「大人のための占い系コラム」ですから、ここからは少しアダルトちっくな内容でまいります。

そんなわけで、ここから先はホンモノの大人の方のみお進みください(!?)。

山羊座というのは非常に保守的で形式を重んじる落ち着いた星座(サイン)なのですが、実はもうひとつユニークな側面を持っています。

それは・・・、意外にもボンデージ系ファッションを(密かに)好む人が少なくないということです。

もちろん、山羊座の人が皆そうだというわけではありませんし、特定の星座(サイン)に限られることはありませんが、いずれにしても「山羊座(土星)の性質を強く持つ」人が多い傾向にはあるようです。

伝統を重んじ、社会的にも保守派の山羊座がボンデージというのは意外に思えるかもしれませんが、占星術的な意味合いからすると「なるほど」と思えたりします。

山羊座の性質というのは、社会的な信用や安定を求める一方で、制限緊張限界などとも関連しています。

ボンデージファッションというのは基本的に身を締めあげる緊縛的なスタイルだと思いますが、それは山羊座の本質である制限緊張であり、その先には限界まで行くことで精神的な開放を感じたいという願望に繋がっているのです。

つまり、いつも社会的な制限の中で窮屈に生きている山羊座にとってボンデージファッションというのは制限と開放の両方を感じることができるコスチュームといえるのです。

身を締めつける(身体に制限を設ける)ことにより本来の性質をキープしつつ、普段は我慢している激しい感情を表現したり感じたりできるわけですから一石二鳥。

喜びの中でも制限を手放さないというのは山羊座らしいところだと思います。山羊座にとって手放しで心を開放するのは簡単なことではないのです。

ちなみにボンデージの定番色「黒色(ブラック)」は山羊座のテーマカラーですから自然と感覚にフィットするともいえるでしょう。

山羊座は制限を意味する「土星」によって支配されており一見すると地味に見えますが、見かけ以上に奥深くユニークな星座だといえます。

このお話をさらに発展させてさらに「大人な話」もできるのですが・・・、流石に今回はコレくらいにしておきましょう。

今日は、12星座(サイン)のファッションについてお話してきましたが、じつは山羊座ボンデージに限らず12星座すべてに裏ファッションというようなものがあるといえます。

いつか12星座(サイン)の「裏ファッション特集」もオモシロイかもしれませんね。

目 次

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

ピックアップ記事

  1. 信仰のため芸能界を引退する背景。富美加さんの場合
  2. ダイエット対策?太りやすい/痩せやすい体質は占いでわかるのか
  3. ヌーハラ問題について占い&言語的に考えてみる
  4. ダイエットの成功と月の満ち欠けの関係 | ムーンダイエット
  5. 2017年星占い | 12星座の運勢をUPしました

関連記事

  1. チョコレート

    人/生活

    ダイエットはレジャーである!? もしや〇〇も?

    チョコレートの快楽で体重が・・・以前、「ダイエット対策?太りやすい…

  2. 12星座ごとの時間感覚

    人/生活

    西洋占星術における12星座の時間感覚と価値観の違い

    価値観が異なる「時間」皆さんは、ご自分の感覚がどのくらい一般的なも…

  3. 人/生活

    一般的な星占いの「〇〇座」はあなたの「太陽」

    星占いにおける太陽の意味とは前の記事「当たる星占いが少ないその理由…

  4. ○○座らしさが極端に出るとどうなるか?

    人/生活

    12星座「○○座らしさ」が極端に出るとどうなるか?

    ちょっと邪道な12星座解説「占星術を正しく理解してうまく活用しよう…

  5. 星座別、満たされない感覚や不安  

    人/生活

    12星座別 | 本人も気づいてない?満たされない感覚や不安

    気づかないほうが良かった?夏真っ盛りですが、皆さま夏バテしていませ…

  6. 占星術とテクノロジーと格差社会|水瓶座の時代へ

    人/生活

    占星術とテクノロジーと格差社会|水瓶座の時代へ

    IoTと人口知能(AI)と格差2001年頃にITバブルがはじけ、コ…

おすすめ記事

  1. 星座別、満たされない感覚や不安  
  2. 苦手な人が教えてくれるもの
  3. 運命の型(模様)とは? | 静的&動的な人生のパターン
  4. 相性 陰と陽の関係
  5. 12星座のファッション傾向

最近の記事

  1. 12星座別 | 相性はいまいち!? 気づきを与えてくれる人
  2. 水星逆行 | 37℃猛暑の中、エアコンが壊れる
  3. 12星座別 | 本人も気づいてない?満たされない感覚や不安
  4. 苦手な人が教えてくれるもの。逆の性質を受け入れると…
  5. 蟹座パワーの魅力と危険性 | 松居さんとか船越さんとか
  1. 気持ちいい!は氣が良い証拠

    開運/方位/風水

    「気持ちがいい!」 は 「氣」が良い証拠 | 日本のトイレ文化の試み
  2. 前世とか生まれ変わりとか

    人/生活

    今回の人生の魂のスタート地点 | 前世とか生まれ変わり
  3. 幸運ポイントと幸運基準値

    開運/方位/風水

    「運が良い人」と「運が悪い人」の幸福基準値
  4. トランプ大統領の不安

    話題なう

    トランプ大統領の今後に関する占い的な不安要素と見えない力
  5. 12星座の強みと危険信号

    人/生活

    12星座の本来のあるべき姿(強み)と危険信号
PAGE TOP