夫婦喧嘩はワンコも食わない

話題なう

蟹座パワーの魅力と危険性 | 松居さんとか船越さんとか

オバサンパワーが弾ける2017年

なにやら今年はオバサンパワーが炸裂しまくっているようで、暴言の国会議員さんとか、金髪噺家さんの元奥様とか、最近話題の松居さんとか、モーレツな勢いではじけまくっているようですね(この3人が誰なのかはご想像でお願いします)。

「肉食系オバサン達の何かがズレるとこんなにコワいことになってしまうのか!」と、世の若者や男性陣は震撼していることでしょう(尚、私もしっかりBBAでございます)。

そんな激しいオバサマ方についての話は(コワいので)避けて通ろうと思っていたのですが、ご質問をいただいたので少しお話してみたいと思います。

今日は、松居さんの騒動がどうしてあんなことになってしまっているのかについて、すこし占星術的な視点からお話したいと思います。

あの気持ちわかる?わからない?

まず、今回の騒動をどう思うかは、人によって大きく2つに分かれるのではないかと思います。

それは「松居さんの気持ちが良く分かる派」「彼女の行動はありえない派」

おそらく後者のほうが多数だと思うのですが、中には同調する方も一定数いらっしゃいます。

その一定数の方々を、占星術的に非常~~にざっくりと分けてみると水の要素を強く持つ方々(蟹座、蠍座、魚座)が多いのではないかと推測されます。

もちろん、これらの星座の人達がみな同調するということではありませんし、むしろ強く嫌悪することもあるでしょう。

しかし水のグループである「蟹座、蠍座、魚座」(または水の要素が強い)の人たちは、非常に豊かな情感を持っていて、愛情に対する感性が高い上に、「感情」を共有することでつながりやすいという性質を持っています。

そのため、詳しい事情はさておき、夫の行動に悩む松居さんに対して「その気持ち、わかるわ~~」と共感しやすいところがあるわけです。

一方、客観的な事実に基づいて判断する「双子座、天秤座、水瓶座」系の人たちは「全くありえん・・・」と冷めた目で見ている可能性が大いにあります。

魅力あふれる蟹座が怒ると…

ちなみに当のご本人(松居さん)は太陽星座が蟹座ですね。

今回の彼女の振る舞いを見ていると、まさに蟹座的な要素が非常に強く出ているのが見て取れます。

蟹座というのは、水のグループの中で、最も活発な感情の動きを持っています。

蟹座の性質が良く出ると、非常に愛情豊かで、思いやりがあり、やさしく相手の気持ちを受け止めてくれる素晴らしい人格者となります。

親しみやすいという性質もあるため、蟹座は愛されたり、周囲にかわいがられる人が多くいます。

人間味あふれる蟹座はとても魅力的な星座なんですね。

しかし一方で、蟹座の性質が悪い方向に出てしまうと大変です。

ネガティブになったときでも愛情の総量は変わらないので、それが逆に激しい憎しみとなって相手を攻撃してしまうことがあるからです。

豊かな恵みをもたらしてくれる穏やかな海でも、嵐になると猛り狂って多くの命を奪うことがあるのと似てますね。

尚、どの星座もそうですが、良い星座とか悪い星座というのはなくて、単に、その星座の良い性質が出ているのか悪い性質が出ているのか、ということです。

彼女の行動の根本にあるもの

母性の強い蟹座はとても愛情豊かな星座ですが、全ての人を平等に愛するわけではありません。

自分の身内、家族、友達、大切な仲間など一定の枠内にいる人たちだけを特別に愛するのです(その枠組みの大きさは人によって違います)。

そのため場合によっては、味方にはやさしいけれど、敵だと見なすと徹底的に排除しようとする性質が出てくることがあります。

大きな危機に直面したときに蟹座が最初に取りがちな行動は「自分の味方を作ること」

そうやって自分の枠組みを強化しようとするわけですね。

現在の松居さんの行動はまさに、自分の正当性を広く訴えて、それに同調してくれる味方を作ろうとしているように見えます。

「全ての人が自分を理解してくれなくてもいい。でも、自分と同じ苦しみを持っている人達にだけは理解してほしい(味方になってほしい)」というわけです。

人生の大掃除に入ったのか?

あまり感情的でない人から見ると、彼女の行動は常軌を逸しているように見えるかもしれません。

ですが、彼女は彼女なりに本能に従って動いているともいえそうです。

理性ではなく感情が全てである現在の彼女は、夫を愛していた分の愛情をそっくりそのまま、攻撃するエネルギーに転換しているかのようです。

信じられないかもしれませんが、世の中には「愛情を得るためなら(恨みが晴れるなら)全てを捨てても惜しくない」というタイプの人たちが存在します。

それは良いことでも悪いことでもなく、ただそうだというだけのことですが、そのターゲットになった人はかなり大変です。

俳優であるご主人を見ていると、なんともお気の毒な気もします。

なお、今回の騒動で、

・彼女はナゼあれほど捨て身になって攻撃するのか?
・失うものが多すぎるのではないか?

と思うかもしれませんが、占星術的に見ると意外にそうでもないんですね。

これから数年はいろいろなことが起こりやすく、一時期に運気が落ち込んだように見えるかもしれませんが、おそらく彼女にとっては本質的なダメージにはならないでしょう。

たとえ離婚して、ひどく辛い思いをしたとしても、今の行動は、彼女にとって先々むしろプラスに働く可能性すらあります。

別の見方をすると、彼女は無意識のなかで、自分の人生をすっきりと整理したいと願っているといえるのです。

「こんなにグダグダになってるのに何が整理だ」と思われるかもしれませんが、心から大切だったものを完全に捨て去るには、それ相当の厳しい試練が必要な場合があります。

松居さんの場合も、本人の意志というよりも、運命がそうさせているといえるかもしれません。

彼女はもともと生きるエネルギーが非常に強い方なので、今後しばらくはあのパワーが衰えることはないでしょう。

繰り返しますが、相手にとってはたまったもんじゃありませんけどね。

役者としては良い資質だけど…

最後に船越さんについてひとつだけ。

彼にとっては、今回の騒動も結婚そのものも大変だったと思いますが、見方によっては彼自身が引き寄せた出来事といえなくもありません。

もし仮に彼にも問題があるとするならば(性格でなく運命的に)「自分は何者なのか」という感覚が非常に漠然としているということです。

人の良い船越さんには申し訳ないのですが、これをちょっと意地悪な言い方でいうと「自分自身を持っていない(持ちにくい)」ともいえます。

このような性質は、役になりきる俳優さんとしては適していますが「本物の人生」を生きる上では問題になってくるでしょう。

もしかしたら彼にとっては「役になりきっているとき」こそが、本当の人生に感じられるのかもしれません。

こういったタイプの人は、自分を引っ張っていってくれる強い性格の人や、カリスマ性のある人が現れると影響を受けやすく、深く考えずに「イエス」といってしまう可能性が高くなります。

今回の結婚も、結婚願望が高まっていた当時に、強いエネルギーをもつ女性に「引っぱられていった」結果といえるかもしれません。

このような運命の人は、今後も似たようなことが起こりやすいので、周囲からのアドバイスにはしっかり耳を傾けたほうがよさそうです。

それにしても、、

今回の離婚or不倫騒動(?)は、インターネットを使った新しいカタチで展開していますね!

Youtubeを使って配偶者への恨み言をトツトツと語るなんて今っぽい。。

彼女は感情メインな方ではありますが、同時に頭の良い方でもあるので、あのような動画がもたらす影響は理解していることでしょう。

一種の劇場またはエンターテイメントになってますね。

ただ個人的には、喧嘩にもルールがあるのではないかな、と思ったりします。

たとえ不貞をはたらいた相手が悪いとしても、それを全世界へ向けて発信するっていうのはどうなんでしょうね?

いずれにしても夫婦喧嘩はイヌも喰わないわけですから、これ以上続くとさすがにお腹いっぱい。

やっぱり夫婦のバトルは家の中だけに収めておくのがイイのではないかと思います(すでに遅いけど)。

目 次

 

ピックアップ記事

  1. モテ方の違い。広くモテるか狭くモテるか
  2. 総資産17兆円。スーパー成功者2人から人生のアドバイス
  3. 欲望の大きさと幸せの大きさの関係 | どっちの葛籠を選びますか?
  4. ダイエット対策?太りやすい/痩せやすい体質は占いでわかるのか
  5. 住宅の購入後に厄災が起こりやすい理由と対策

関連記事

  1. トランプ大統領を占う

    話題なう

    ドナルド トランプ氏を占う!不動産王からアメリカ大統領へ

    富豪セレブから大統領に多くの人々の予想を見事に裏切って、不動産王ド…

  2. 感謝と祈り

    話題なう

    信仰のため芸能界を引退する背景。富美加さんの場合

    信仰のために若くして芸能界を引退最近、若い女性タレント(富美加さん…

  3. ハリウッドスターの女性スキャンダル

    話題なう

    ハリウッドで活躍する日本人俳優のスキャンダル

    ハリウッドスターの女性スキャンダルハリウッドで活躍なさり、最も成功…

  4. 魚座への海王星の影響

    話題なう

    魚座の個性とオーラの話と坂口杏里さんのこと

    精度高いが使えない特技じつは私にはすこしミョーな特技があります。…

  5. マクロン大統領の背景と24歳年上の奥様のこと

    話題なう

    マクロン仏大統領の背景と24歳年上の奥様のこと

    マクロン氏が大統領に当選した裏の力今週行われたフランスの大統領選は…

  6. 『沈黙 -サイレンス-』

    話題なう

    映画『沈黙 -サイレンス-』と占星術から見る『時代の役割』

    『沈黙 -サイレンス-』の独特の雰囲気映画『沈黙 -サイレンス-』…

おすすめ記事

  1. 星座別、満たされない感覚や不安  
  2. 苦手な人が教えてくれるもの
  3. 運命の型(模様)とは? | 静的&動的な人生のパターン
  4. 相性 陰と陽の関係
  5. 12星座のファッション傾向

最近の記事

  1. お知らせ
  2. 『占いペディア』リニューアル延期のお知らせ
  3. 『占いペディア』大幅リニューアルのお知らせ
  4. 12星座別 | 相性はいまいち!? 気づきを与えてくれる人
  5. 12星座別 | 本人も気づいてない?満たされない感覚や不安
  1. 行動の恐怖を克服する

    元気コラム

    行動を起こすときに感じるチクリとした恐怖の克服
  2. ゲイツとバフェットの教え

    元気コラム

    総資産17兆円。スーパー成功者2人から人生のアドバイス
  3. ○○座らしさが極端に出るとどうなるか?

    人/生活

    12星座「○○座らしさ」が極端に出るとどうなるか?
  4. 別れに対する星座の感覚

    恋愛/結婚/相性

    スピード離婚の背景にあるさまざまな理由と、別れに対する星座の感覚
  5. 2017年の運勢

    お知らせ

    2017年星占い | 12星座の運勢をUPしました
PAGE TOP