マクロン大統領の背景と24歳年上の奥様のこと

話題なう

マクロン仏大統領の背景と24歳年上の奥様のこと

マクロン氏が大統領に当選した裏の力

今週行われたフランスの大統領選は、大方の予想通りにマクロン氏に決まりましたね。

今回の選挙の注目点は、フランスの大統領を決める云々よりも、EU(欧州連合)の存続が危ぶまれる可能性があったことだと思います。

万が一、ルペン氏が当選していたら、EU離脱について国民の是非を問い国民投票をしていたことでしょうし、その場合はフランスもEU離脱という可能性がありえたわけです。

イギリスとフランスが抜けたEUなんていうのは、カレー粉の入らないカレーのようなものですから、本来の目的としては価値が無いも同然。

そうなっていたら(ドイツ以外の)不満だらけのEU加盟国も蜘蛛の子を散らすように離脱していったことでしょう。

もしEUが崩壊したら世界経済はとんでもないことになっていたわけですが「これがドラマだったらEU崩壊の筋書も見てみたいんだけど・・・」などと不謹慎なことを考えつつ、異国の小市民である私はドキドキしながら選挙結果を見守っていました。

といってもドキドキしていたのはかなり前のことで、選挙前にはほとんど結果が見えていましたが・・・。

今回に関しては「マクロン氏が強運だから当選した」と言うよりも、マクロン氏の実力(運命)以上に、バックについている強大なパワーによって彼が動かされたと見るべきでしょう。

その強大なパワーといえばもちろん(世界の支配者)ロスチャイルド系の御仁達。なんとしてもEUが存続してもらわなければ困る超スーパー大富豪軍団です。

ロスチャイルド家とマクロン氏は強いつながりがあるとされており、実際に「ロチルド & Cieというにロスチャイルド系の銀行に勤め、若くして副社長相当にまで昇進しています。

[ad#co-1]

マクロン氏の運命の特徴

エマニュエル・マクロン氏のホロスコープを見ると、彼の特筆すべき能力は「話す力」であることが伺えます。

彼は、理想を追い、夢を語り、周囲の人を引き込む、素晴らしいスピーチ力を持っているようです。

そして、ただ理想を語るだけでなく現実的にどう生かすか具体的に語る能力も兼ね備えているのです。

それが実現可能なものかどうかはさておき、マクロン氏には人を引き込む「魅力」と「若さ」と「情熱」が溢れているわけです。

・・・が、だからといってマクロン氏がフランスという大国のリーダーに相応しい特別な能力があるかといえばどうでしょうか。

今、私は彼のホロスコープを見ながらお話していますが、彼のホロスコープで最も特徴的なことは、背後にある強大な力が彼をバックアップしていることだといえます。

それも、マクロン氏独自の才能を上手く「利用する」という形において。

マクロン氏の才能の一つに「他者の気持ちを高揚させてフワリとした気分させる」という能力がありますが、このような能力を上手く利用することで、影の実力者達が世界をうまく操作することが可能なのかもしれません。

マクロン大統領の出生図

マクロン大統領の出生図

ちなみにマクロン氏の出生時間は不確定ですが、現地情報(10:40 am)を信じてこのホロスコープが正しいと仮定すると、横のつながりを意味する11ハウスにある海王星・金星・太陽・水星が、巨大組織を意味する8ハウスの冥王星から強いパワーを送り込まれていると見ることができるでしょう。

[ad#co-1]

24歳年上の奥様ブリジットさん

今回フランス大統領になったマクロン氏については、政治的なニュースよりも24歳年上の奥様との関係のほうが気になるという方も多いかもしれません。

15歳のマクロン少年が、当時学校の先生だった39歳のブリジットさんに恋をして、その思いを遂げて結婚をしたという劇的ロマンス。

おまけにブリジットさんはエリート銀行員の夫と3人の子供を持つ母でもありました。

長くなるので彼らの恋愛プロセスはここでは省きますが、世界中の男性に「マジか?」とショックを与え、世界中の中年女性に「マジで?」と勇気を与えてくれたことは確かでしょう。

ところで、この最強の恋愛運を持つといえるブリジットさんですが、彼女のホロスコープを見て超納得。

ブリジット・マクロンさんの出生図

ブリジット・マクロンさんの出生図

この図を見ただけで「なんて可愛らしい女性なの!」と叫びたくなるほど魅力あふれる方だということが見て取れます。

出生時間は定かではないものの太陽と金星はタイトな合で、午後生まれのようですから月も合である可能性大。

愛らしくソフトな語り口調でありながら、元気でエネルギッシュで前向きな女性ブリジットさん。

ブリジットさんは、生まれながらの強い愛され力で人々を惹きつけているようです。

[ad#co-1]

24歳年下の元生徒と結婚したブリジットさんの心の内

夫と愛する子供3人を捨てて、24歳年下の教え子と結婚を決意した当時すでに50代だったブリジットさん。

これだけだと盲目的に若い恋に走った愚かな中年女性のようにも聞こえますが、実際の彼女は非常にきちんとした常識ある女性だということがホロスコープに表れています。

おそらく当時はかなり悩んだことでしょう。

しかし一方で、すべてを捨てて理想の世界に入り込んでしまいたいという無意識的な強い願望も合わせ持っています。

つまり、「夢の世界」「現実の世界」の両方を常に感じ取っている方なのです。

このように全く違う価値観を併せ持っている場合、何かのキッカケによって、どちらかの世界観に急激にシフトしてしまうことがあります。

おそらく彼女の場合、それが起こったのは1993年頃。この時には海王星と天王星の合が「夢の世界」「現実の世界」に強力に圧力をかけていました。

そしてこの年こそが、マクロン少年(当時15歳)がブリジットさんの人生に登場した年なのです。

この時、常識的な教師だったブリジットさんの心の中に激震が走り、それから長い間悩みに悩んで考え抜いた結果が、50代での離婚⇒結婚という答えになったのではないでしょうか。

・・・マクロン大統領とブリジットさんの関係についてはツッコミどころが多すぎてほんの一部しかお話ししきれません。

またいつかお二人の相性や不思議な関係について取り上げていきたいと思います。

[ad#co-1]

目 次

 

ピックアップ記事

  1. ダイエット対策?太りやすい/痩せやすい体質は占いでわかるのか
  2. 2017年の運気を数秘で占おう(周期数)
  3. 西洋占星術における12星座の時間感覚と価値観の違い
  4. 「運が良い人」と「運が悪い人」の幸福基準値
  5. 西洋占星術の厄年?40代前半の危機の理由

関連記事

  1. トランプ大統領の不安

    話題なう

    トランプ大統領の今後に関する占い的な不安要素と見えない力

    ドナルド・トランプ氏が世界最高の権力者に2017年1月20日、ドナ…

  2. 魂を養うヒヤシンス

    話題なう

    バレエ | オルガ・スミルノワの踊りと魂のヒヤシンス

    念願のボリショイバレエ『白鳥の湖』このところ何かと目まぐるしい状況…

  3. 魚座への海王星の影響

    話題なう

    魚座の個性とオーラの話と坂口杏里さんのこと

    精度高いが使えない特技じつは私にはすこしミョーな特技があります。…

  4. 話題なう

    高樹沙耶さんの運気低下について占星術的に考えてみる

    才能ある人が転落する人生の変化とは長い間、才能ある女優さんとして活…

  5. SMAPスマップ

    話題なう

    SMAP解散についての占い的な考察。そして応援。

    SMAPというスーパースターの解散2016年は占いの世界では浄化作…

  6. ハリウッドスターの女性スキャンダル

    話題なう

    ハリウッドで活躍する日本人俳優のスキャンダル

    ハリウッドスターの女性スキャンダルハリウッドで活躍なさり、最も成功…

おすすめ記事

  1. 星座別、満たされない感覚や不安  
  2. 苦手な人が教えてくれるもの
  3. 運命の型(模様)とは? | 静的&動的な人生のパターン
  4. 相性 陰と陽の関係
  5. 12星座のファッション傾向

最近の記事

  1. 新ブログに引っ越しました!
  2. お知らせ
  3. 『占いペディア』リニューアル延期のお知らせ
  4. 『占いペディア』大幅リニューアルのお知らせ
  5. 12星座別 | 相性はいまいち!? 気づきを与えてくれる人
  1. サターンリターン

    人/生活

    サターンリターン | アラサーの苦悩と不安の理由
  2. 「悩み、ありますか?」から導かれる出会い

    元気コラム

    「悩み、ありますか?」から導かれる出会い
  3. 波乗り人生

    人/生活

    水星の逆行×波乗り人生=晴天の霹靂
  4. SMAPスマップ

    話題なう

    SMAP解散についての占い的な考察。そして応援。
  5. お知らせ

    お知らせ
PAGE TOP