○○座らしさが極端に出るとどうなるか?

人/生活

12星座「○○座らしさ」が極端に出るとどうなるか?

ちょっと邪道な12星座解説

「占星術を正しく理解してうまく活用しよう!」がコンセプトの占いペディアですが、今日はちょっと邪道なかんじで12星座を解説したいと思います。

もし、、

「○○座」の性質が暴走して極端な現れ方をしたらどうなるのか?

その人のアイデンティティが曲がった方向に拡大してしまったらどうなってしまうのか?

そんなことを踏まえつつ、今回は辛口モードでまとめてみました。

実際これらは、太陽星座より「月星座」のほうに出ることも多いのですが、ほとんどの方はご自分の「月星座」をご存じないと思うので太陽星座でチェックしてみてください。

「ちょっと例えが極端すぎるんじゃない?」とお思いになるかもしれませんが、意外にもこういう方は少なくなかったりします。

生まれつきダークな性格の場合もありますが、大きなストレスのために一時的に現れていることもあるでしょう。

少しでも当てはまると感じるなら、、要注意です。

[ad#co-1]

極端に「○○座らしさ」が出るとこんなことに…

■ 牡羊座
周りのことが見えなくなっていても盲目的に我が道を突き進もうとする。他人も大切だけど、そんなことばかり言ってちゃ前に進めない。他人からの批判や中傷は気にしないけど、同じくらいにアドバイスも聞き入れない。アクセルを踏んで踏んで踏みまくまったかと思えば、停止する時には急ブレーキ。エンジンが磨り減っていてもそんなことは気にしていられない。行け行けドンドンで「誰に何を言われたって気にしない!」そう思っているなら要注意。

■ 牡牛座
欲しいものは何が何でも手に入れる。それはモノでも快楽でも同じこと。途中であきらめるなんてありえない。必死の努力で頑張りつづけたなら夢は絶対に叶うはず。だけど万が一、それが叶わぬ夢だと分かってもすぐに方向転換するのはむずかしい。空しい努力を続けるうちに目に見えないイライラで身体を壊したり、ストレスで食べ過ぎて気がつけば体重が大幅増なんてことも。「体力の限界まで努力あるのみ!」そう信じているなら要注意。

■ 双子座
自分のことは誰より自分が良く分かっていると信じている。わたしは客観的だし知性も結構ある。コミュニケーション能力だって低いわけじゃないしね。 けれど客観的な視点があると思っているのは自分だけで、実際は気づかないうちに奇人変人っぽさが増していたりする。二面性を持っているのは確かだけど、逆にそこから抜け出せなくなっていることもある。「私って悪い人じゃないのに誰も良さをわかってくれない…」なんて感じていたら要注意。

■ 蟹座
他人の気持ちが分かりすぎてしまってエンパス(共感力が高すぎる能力またはそれによる障害)がひどく悪化。知りたくもないのに他人の感情を感じてしまってストレスとイライラが止まらない。そして妙な具合に相手のことを思う気持ちが高まったなら、今度は怒涛のおせっかい攻撃。人のことが気になって気になってしょうがない。万が一、相手にかまってもらえないと今度はヘイト気味に。「あなたのことを思って言ってあげてるのに…」と思い始めたら要注意。

■ 獅子座
自分の魅力や才能を周りの人にアピールしようとするけれど、認めてもらえないと今度は密かな暴君と化す。そんなときは最低でも1人のヒトをとっつかまえて自分がいかに凄いかを認めさせようとする。大抵の場合、それは家族だったり恋人だったり部下だったり。万が一、自分を認めてくれる人が誰もいないときは、逆に誰にも会おうとせず、引き篭もってしまうことも。「私こそがトップオブザワールド。それがムリなら孤独に生きよう…」なんて感じるなら要注意。

■ 乙女座
身の回りの小さな物事に敏感になって何でもかんでもダメ出しをしたくなる。結構キツイことを言っていても自分では鋭い視点で切り込んでいるだけだと信じていたりする。YESを言うよりNO!を言う回数が増えていき、周りがピリピリしているのにその原因に気づかない。そうやって目に見えないストレスが溜まっては辛口批判を繰り返す悪循環に。「(自分は問題ないのに)どうしてアナタってそうなの?」そう思うことが増えたなら要注意。

[ad#co-1]

■ 天秤座
自分が関わるすべての人に気に入られたくて愛想笑いばかりしてしまう。自分の存在や魅力を否定されることが何よりも辛いから、人から愛され好感度を上げることに力を注ぐ。暖かい人間関係が見つからなくて心の中が空虚に感じることもあるけれど、それは友人&知人の「数」でカバー。いつかきっと王子様が現れるから大丈夫。「大勢の人とつきあって、なんとなく愛されていたらきっと乗り越えられる」そう感じているなら要注意。

■ 蠍座
持ち前の集中力を向ける先があまりにもピンポイントすぎて、その対象へのこだわりと執着が止まらない。好きな人がいるならもうその人ナシでは生きられないと感じるし、好きなモノには依存するほど夢中になる。大好きなその対象が自分から離れていくなんてありえない。なのに心を尽くして相手に近づこうとすればするほど離れていってしまう気がするのは何故だろう?「愛するものを手放すなんて絶対にありえない」そう思い始めたなら要注意。

■ 射手座
自由を求めて旅立ったのはいいけれど、そのまま放浪の旅に出たっきり帰ってこない。それは単なる旅行かもしれないし心の旅かもしれない。世の中の閉鎖的な習慣や古臭い考え方に耐えられなくて社会の中でひとり彷徨ってしまう。ポジティブでさえいれば人生は乗り切っていけると思っていたけれど、何も築き上げないまま生きてきて、気づいたら何も残っていなかった。「本当の幸せは家の近くでは見つからない」そう思い込んでいるなら要注意。

■ 山羊座
どんなことをしてでも理想の人生を手に入れようと大きな野望を手放さない。そのためには自分がのし上がるかステータスのある人物をゲットするしかないと感じてしまう。低収入な人も社会的基盤が弱い人も、レベルの低い人達にしか思えない。できるだけ質の良い人たちと付き合いたいから、さりげなく相手のバックグラウンドを探るのがクセになっている。「立派なヒトと駄目なヒトは住む世界が違うのよ」そう信じているなら要注意。

■ 水瓶座
私は誰にも似ていないから孤独なの。そう思い込んで周囲と協調することを忘れてしまう。独創的で個性の強い自分を理解してくれる人とだけ付き合おうとするけれど、そんな人は現れない。もしかしたら自分から降りて入ってヒトの輪に入ったほうが良いの?とも思うけど変なプライドが許さない。仲間作りをしたいのになぜか一歩踏み出せず、いつも孤独を感じている自分がいる。「友達は欲しいけど自分の個性だけは譲れない」そう思っているなら要注意。

■ 魚座
人には言えないような超ロマンチックな妄想を抱きつづけている。それが空想だけならいいけれど、長く白昼夢に浸っているうちに空想と現実の区別があいまいになって非現実的な言動が増えている。「私は愛のために生きていこう」そう信じているにもかかわらず、本当に愛してくれる人からの忠告には耳を傾けない。心の奥で求めているのは純粋な愛なのか素敵な妄想なのか。「すべては愛のためなのよ」そう信じていたなら要注意。

[ad#co-1]

暴走状態に自覚症状なし

こんな極端な症状が出ているときの問題点は「そうなっていることに自分では気づかない」ということです。

自覚症状がないために自分がどれだけ暴走しているのかわからないだけでなく「今が一番自分らしい気がする!」なんて感じていることすらありえます。

極端な性質が、運気が落ち込んでいるときに出てくるのか、絶好調な時に出てくるのかは人それぞれです。

いずれにしても、たまに我が身をふり返ってみるって大切なことですね。

[ad#co-1]

目 次

 

ピックアップ記事

  1. 住宅の購入後に厄災が起こりやすい理由と対策
  2. 2017年星占い | 12星座の運勢をUPしました
  3. マクロン仏大統領の背景と24歳年上の奥様のこと
  4. 心のあり方が時間を作る | 今この瞬間の大切さ
  5. 水星の逆行×波乗り人生=晴天の霹靂

関連記事

  1. 12星座らしさが最良の形で出るとどうなるか

    人/生活

    12星座「○○座らしさ」が最良の形で出るとどうなるか?

    ちょっと邪道な12星座解説 その2前回の『12星座「○○座らしさ」…

  2. 中年の危機

    人/生活

    西洋占星術の厄年?40代前半の危機の理由

    厄払いについておさらい『占いペディア』をご愛読いただいている皆さま…

  3. チョコレート

    人/生活

    ダイエットはレジャーである!? もしや〇〇も?

    チョコレートの快楽で体重が・・・以前、「ダイエット対策?太りやすい…

  4. 恋愛運とアヒル口

    人/生活

    恋愛運が上がる?下がる?アヒル口と唇の形

    むかし流行ったアヒル口についていつ頃から始まったのか定かではありま…

  5. 手相

    人/生活

    強い手相をした女性とテリーザ・メイ英国首相のこと

    素晴らしい手相をした女性を眺めるストーカーおばさん最近、気になる手…

  6. 12星座ごとの時間感覚

    人/生活

    西洋占星術における12星座の時間感覚と価値観の違い

    価値観が異なる「時間」皆さんは、ご自分の感覚がどのくらい一般的なも…

おすすめ記事

  1. 星座別、満たされない感覚や不安  
  2. 苦手な人が教えてくれるもの
  3. 運命の型(模様)とは? | 静的&動的な人生のパターン
  4. 相性 陰と陽の関係
  5. 12星座のファッション傾向

最近の記事

  1. 新ブログに引っ越しました!
  2. お知らせ
  3. 『占いペディア』リニューアル延期のお知らせ
  4. 『占いペディア』大幅リニューアルのお知らせ
  5. 12星座別 | 相性はいまいち!? 気づきを与えてくれる人
  1. 恋人と結婚相手が異なる運命

    恋愛/結婚/相性

    恋愛と結婚 | 恋人と結婚相手が異なるという運命
  2. 前世とか生まれ変わりとか

    人/生活

    今回の人生の魂のスタート地点 | 前世とか生まれ変わり
  3. 『沈黙 -サイレンス-』

    話題なう

    映画『沈黙 -サイレンス-』と占星術から見る『時代の役割』
  4. 占星術とテクノロジーと格差社会|水瓶座の時代へ

    人/生活

    占星術とテクノロジーと格差社会|水瓶座の時代へ
  5. 成功者たちのパラダイムシフト

    元気コラム

    欲望の大きさと幸せの大きさの関係 | どっちの葛籠を選びますか?
PAGE TOP